パルクールを使った

総合運動型トレーニング

JUMP & LEAPだけのトレーニングメソッド

パルクールトレーニングによってAsian Parkour Championship 2019(アジア大会)Speedrun ​14位、WCT世界大会2019 日本チームリーダーになったプロのコーチが

あなたの肉体を健康的で機能的なものに変化させます

年間3,000人以上(※)の子どもや大人にパルクールを通じた健康運動指導を実施。その中で得られた知識と経験を基にした最善のプログラムを導き出します。※:2019年3月現在

​コーチの紹介

石沢 憲哉(イシザワ カズヤ)

S62生まれ。青森県出身。仙台市在住。​2児の父。

合同会社 SENDAI X TRAIN CEO

一般社団法人 日本パルクール協会 副会長

​​東北パルクール協会 会長

パルクール国際指導資格保有プロフェッショナルコーチ

A.D.A.P.T Level 1 assistant coach

​XTR認定コーチ

リハビリテーション国家資格作業療法士

(Occupational Therapists)

Asian Parkour Championships 2018 -Speed Run- 10位 アジア大会 スピードラン

(タイムトライアル形式)10位

Asian Parkour Championships 2019 -Speed Run- 14位 アジア大会 スピードラン

(タイムトライアル形式)14位

World chase tag 2018 世界大会出場

​World chase tag 2019 世界大会出場予定

日本代表チーム「侍-さむらい-」所属

​パルクールトレーニングの特徴

​自分の内側を意識する

​トレーニングを実施している自分の肉体や感覚を意識せざるを得ません。どの部位を使っているのか、どんな感覚を味わっているのかなど、今までのトレーニングとは全く異なった「自分自身と向き合う時間」になります

​日常と掛け離れた体験

パルクールトレーニングの動きは日常の中で何気なく見たことの動きに感じるとは思います。しかし、実際にやってみると日常的には全く使用しない筋肉を使い、普段は感じもしない関節の動きや肉体の使い方を感じるはずです。この体験は日常とは掛け離れた、新たな体験になります

圧倒的に短時間で高負荷が可能

シンプルな腕立て伏せやウェイトトレーニングを繰り返すだけのトレーニングでは全身的な変化を一度に促すことや総合的な身体の使い方を獲得することには不向きです。また、長時間低負荷なトレーニングをおこなうことは筋力向上には不向きで、集中力も体力も浪費しがちです。パルクールトレーニングは圧倒的に短時間で高負荷、しかも全て自重トレーニングなので関節への過度な負担や瞬発的な過負荷を避け易いという特徴もあります

​実際の様子

​トレーニング内容

​筋肉、関節、感覚、思考などの

本当の意味で全身を使ってコーチが出す課題を乗り越える

パルクールトレーニングは腕立て伏せを指定した回数繰り返すような単一的なトレーニングではありません。肉体と思考、感覚などを総動員し、運動をすることによるエネルギー消費、思考することによるエネルギー消費を促し、常に全身を使うようにします。またコーチは運動する際に【ゴールのみ】を提示することによりゴールに向かうための運動パターン一律化を予防し、毎回異なる運動パターンとなるように促します。それにより肉体は毎回異なる部位を使い、毎回異なる思考でコーチの出す課題に立ち向かうことになります

​進め方

​超目標志向型でアプローチ

コーチが出す課題に全力で取り組むだけ

パルクールトレーニングはフィジカル・メンタル・スキルをほぼ同時に進行させていきます。しかしながら、あなたは難しく考える必要はありません。コーチが出す課題に取り組むだけで、全ての要素を自動的に組み込んだ形になります。大事なことはコーチが出す課題を乗り越えて「達成すること」です。コーチが出す目標を達成することを繰り返し積み重ねることで、いつの間にか動ける肉体、柔軟な思考、思ったように動けるためのスキルが身に付き、あなたの目的に限りなく近づくことが出来ます。

​達成!

コーチが出す課題

​(フィジカル・メンタル・スキル入り)

​達成!

コーチが出す課題

​(フィジカル・メンタル・スキル入り)

​スケジュール

1回のセッションは長くても60分

週1~2回の利用がお勧め

トレーニングはやればやるほどグッド…ではありません。筋肉や関節、体力や精神力などを使用するトレーニングでは休息(超回復)も重要なトレーニングの一部として捉えられています。一度のセッションで自らの限界値を伸ばすのではなく、少しずつ、時間をかけながらみずからの限界値を伸ばして行きます。

 

※超回復:筋肉は、トレーニングによって壊す→修復するを繰り返すことで作られます。このメカニズムを「超回復」といいます。筋肉はすぐに修復されるわけではなく、約24~72時間かかるとされているため、トレーニングにはこの回復タイミングを踏まえたスケジュールづくりと適切な休息が重要になるのです

理想のスケジュール例

▼体力や運動に自信の無い方

・水曜日に1セッション(60分未満) →(休息日:1週間) →翌水曜日に1セッション(60分未満)

▼体力や運動に自信の有る方

・火曜日に1セッション(60分)実施 →(休息日:1~2日)→ 金曜日に1セッション(60分)実施

フリー利用

平日 300円/30分~

​土日 540円/30分~

​施設内の設備を使用して自由にトレーニング可能です。パーソナルトレーニングの中でチャレンジした課題に再度取り組んでみたり、自分自身で新たな課題を発見して取り組むなどの使い方もできます。

自分でもっとトレーニングしたいという方​【フリー利用】

​お申込みは「オンライン予約」から可能

​オンライン予約

​メールでお問い合わせ

JUMP & LEAPをフォローしてください!

  • グレーのYouTubeアイコン
  • XTR パルクール
  • Instagram Icon
  • グレーTwitterのアイコン

​© 2019 JUMP & LEAP