なんで作業療法士じゃなくても良いって思えたか、その理由

過去記事はこちら

https://tinyurl.com/yc7nymb8


過去記事で俺は

「作業療法もパルクールも同じ」と言っています。


いまの俺は、どう解釈するかというと、


パルクールも作業療法も、っていうか、世の中の大体のことは行きつくところは同じで、

最終的には「価値を提供すること」が大事で、「どんな価値」を「求める人」に「どういう形」で提供するかってだけの話だと思う。


「仕事」をするって、「価値を提供」することで、「価値を提供」できるからお金という「共同主観として価値のあるもの」をもらう。


これはどんな仕事であっても同じなんだと思っていて、俺が提供できる価値は俺を求める人が一番知っているわけで。


作業療法士時代から俺は指名が多かった。

でも作業療法士は指名制度がないから、指名で歩合だったら俺は作業療法士を続けていたかもしれないwww

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

教育の「当たり前」をやめる

自律・主体性を失った子どもたち というマジでリアルなサブタイトル… おそらく子どもに何かを教える立場を経験したことのある方なら、一度は実感しているのではないでしょうか? うちの会社は普段からパルクールを通じて自律性・自主性を育むというコンセプトで子どもらと関わるため、この記事はめちゃくちゃ共感しました。 このURLの記事、必ず読んでください。 https://tinyurl.com/y9ynhzz