パルクールにおける【運動性】協調性トレーニング


協調性トレーニング
パルクール

協調性トレーニングは1970年代の東ドイツにおいてスポーツ運動学者が提唱したトレーニング方法です。コーディネーショントレーニングとも言います。


今回はその紹介をしたいと思います。


私の前職であるリハビリテーション【作業療法】の世界でも協調運動のトレーニングは一般的なものでした。



協調性トレーニングの目的は「身体における様々な連結:筋肉や感覚、速度やタイミングなどがスムーズに組み合わせることで運動のパフォーマンスを効果的にすること」です

もう少し詳しく言えば、「脳:脳~脊髄~運動神経と筋をつなぐすべてが協調性を持って動かせるという状態を作る」とも言えます。


この理論では以下の7つの基本の能力を鍛えるとしています。

1.定位能力:自分の空間的位置関係を正確に把握する

2.変換能力:動作を素早く切り替える

3.連結能力:動作のタイミングを合わせて自分の身体を動かす

4.反応能力:素早く正確な反応をする

5.バランス能力:バランスを崩したり整えたりをコントロールできる

6.識別能力:道具や環境に自分を合わせて動く

7.リズム能力:リズムを持って身体を動かす


この7つの能力はそれぞれが独立した能力ではなく、7つが複雑に絡み合い、全体としてのバランスをうまく取れる状態にあることで「高度な運動能力」として発揮されます。つまり、どれか一つだけ特化していても協調性は向上しないのです。


パルクールの場面でこの協調性トレーニングはどのように行われることになるかと言うと、

常にずっとおこなわれることになります。


例えば、ヴォルトやプレシジョンジャンプでは「定位能力」や「変換能力」、また「連結能力」などを常に使う形になります。フローの場面では「識別能力」や「リズム能力」なども含まれることになってきます。


というように、パルクールを実践するということは、無意識的にこの協調性トレーニングを常に行うこととなります。


こうした基礎的な運動スキルを身に着けていれば、パルクールだけではない様々なスポーツや運動の場面でも楽しく体を動かすことができるようになります。


体を動かすことが楽しいと思えるようになれば、パルクールに限らず、運動を継続することになり、結果的に運動能力も向上し、健康も維持されるといった流れが出来るのではないでしょうか。


ぜひこの記事を読んだ皆さまも「協調性トレーニング」を意識してみてください。

ではまた!

250回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

教育の「当たり前」をやめる

自律・主体性を失った子どもたち というマジでリアルなサブタイトル… おそらく子どもに何かを教える立場を経験したことのある方なら、一度は実感しているのではないでしょうか? うちの会社は普段からパルクールを通じて自律性・自主性を育むというコンセプトで子どもらと関わるため、この記事はめちゃくちゃ共感しました。 このURLの記事、必ず読んでください。 https://tinyurl.com/y9ynhzz