見えない(待てない)のが普通なんか…?

自分がパルクールを始めたばかりの頃は、パルクールをやっている人ってだけで貴重だった。


自分がパルクールを追及し始めたら、世の中の見え方が変わった。

そして同じ視点で話せる人が減った。


自分がパルクールのジムやパークなど拠点づくりをしている頃は、支援者も多く、自分の夢が他人の夢に重なっていることを実感した。そして、いわゆるアンチも増え始めた。


自分が会社を持って、パルクールの上にある普通では見えない理想や理念を追い求め始めたら、支援者は減った。でも、形にすればするほど、自分は子どもたちの未来を作っている実感が増えた。




見えるものしか見ない人

見えるものしか信じない人

見えないものも見ようとする人

見えないものも信じる人


見えないものは形にしないと見えない

でも形になるまで見えない(待てない)


そして今、多くの人間はそういうもんなんだなと実感している


※写真はロンドンで見た景色

99回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

教育の「当たり前」をやめる

自律・主体性を失った子どもたち というマジでリアルなサブタイトル… おそらく子どもに何かを教える立場を経験したことのある方なら、一度は実感しているのではないでしょうか? うちの会社は普段からパルクールを通じて自律性・自主性を育むというコンセプトで子どもらと関わるため、この記事はめちゃくちゃ共感しました。 このURLの記事、必ず読んでください。 https://tinyurl.com/y9ynhzz

石沢のブログ紹介をするブログ記事

過去に石沢が書いていたブログを紹介します。 私が一番最初にYoutubeで見たパルクール動画これです。というブログです。 https://tinyurl.com/yagdhnx5 是非皆さんも私がどんなパルクール動画を見たのか、見てみてください。