ミドルⅠ(2/4)-お外でどう遊ぶ?気をつけたいコト

更新日:5月19日


1回目は自然のなかで遊ぶことの重要性についてご紹介しました。


▼前回の記事はコチラ



では、自然のなかで遊ぶにしても何をしたらいいのか

第2回目は『お外の遊び方や注意点』についてご紹介します。




自然のなかで何するの?


実は人類の歴史上、「これほどまでに自然と触れ合わない時代はない」と言われています。


そんなに?と思われるかもしれません。

しかし、週1回以上自然のなかで過ごしましたか?

自然のなかでの過ごし方はいろいろです。


  • 農業をする

  • 木登りをする

  • 川や海へ行く

  • キャンプする

五感で感じる自然がいいですね。

子育てについての研究論文でも『外遊び×自然』をかなり評価しています。


自然のなか家族や友達で一緒の行動をとると幸福度があがり、ストレスも改善する。

※ハーバード大学エドワードウィルソン博士


4歳~18歳の子どもたちは森のなかで遊ばせるべき

※ペンシルヴェニア大学


自然への理解が深い子どもと保護者は望ましい生活習慣、好奇心、自己判断、自己主張がみられる。さらに集中力、観察力学習能力や学習意欲、人間関係やコミュニケーション能力向上につながる。

※『幼児期に豊富な自然体験活動をした児童に関する研究』著山本 裕之 他



外遊びは危ない?制限する罠


それでも外で遊ぶのは危ないのではないか?と言われますが、


「うちの子は落ちつきがない」

「全然じっとしていられなくて大変」

「“やめなさい”を1日に何回も言う」


そんな子どもほど自然でガンガン遊ばせましょう。

もしかすると、これが解決策になるかもしれません。


そして重要なことはコチラ




もちろん、安全のために一人きりではなく、友達や家族と必ず一緒にいましょう。

危険な場所の説明と付き添いは必要かと思います。



まとめ

自然のなかでの遊び方は家族で何か目的をもって取り組むこと

親が気を付けたいことは子どもに対して注意しない(しつけNG)

についてお伝えしました。


次回は、

「子どもに対して注意してはいけないのならどうしたらいいの?」

活用できるパルクールのマインドをご紹介して、[外遊び×パルクール]についての重要な点をご紹介します。


それでは、また♪


閲覧数:25回0件のコメント