パルクール教室に関する よくある質問

Q. パルクール教室ってなに

A. 弊社のパルクール教室は、弊社(XTR LLC.)の理念である「社会で役立つ人材育成」に沿って、パルクールを通じた「教育活動の一環」として教室を展開しております。技術指導や動作指導がサービスも行いますが、それが最も重要という事ではなく、パルクールというスポーツの特性を活かして、自身の創造力や発想を形にすること自分の可能性に気付く、また自分の理想に向かい行動していくという「パルクールで得られる経験」そのものをサービスのメインとして提供しています。

Q. 教室は「教育活動の一環」とありますが、どういった教育理念なんですか?

A. 弊社XTR LLC.における教育理念は「パルクールの概念理解を基礎とし、常に自分の理想を追求し、その実現に必要なあらゆるアクション(※)を取ることが出来る人間、つまり、社会に出てからも役立つ経験を持った、世界に通用する人材になる支援を、パルクールという世界から実施すること」です。パルクールの動作的な習得だけを指導するのではなく、むしろ精神的鍛練が最も重要なものとして捉え、子ども達に関わります。

※あらゆるアクション:情報収集/情報分析/計画/実行/反省/再計画/コミュニケーション/プレゼン能力などなど

Q. パルクールのコーチに子どもを任せたいのですが、親も何かやらなくてはいけませんか?

A. 私たちコーチは教室生徒がパルクールを自分で実践できること(トレーサーとして1人前になること)を目指した関わりをします。コーチが教室の中で使用する言葉や態度ですが、その多くは経験が浅い子どもたちにとって理解出来ないものになるはずです。そこで保護者の皆さまにはお願いしたいことがあります。私たちコーチと子どもたちの間に保護者さまが入り、コーチが何を伝えようとしているのか、コーチはなぜそのような態度を取っているのかなどを「翻訳」して子どもたちに伝えて頂きたいです。

私たちコーチは子どもたちが「人からモノを教えてもらうための準備」までは致しません。教室に参加するということは保護者さまからお子さまへ学ぶ準備の伝達が出来ているという前提で関わりますので、重ねてのお願いにはなりますが、保護者の皆さまにはコーチの言動の「翻訳」と「人からモノを教えてもらうための準備」をお子さまに伝達するという絶大な協力をしていただきたいです。そうすれば、ただコーチにお子さまを任せるよりも子どもたちの能力は飛躍的に向上します。

Q. 初心者でも参加出来ますか?

A. 初心者でもクラスへの参加は勿論可能です。弊社のクラスは入門、基礎、応用と分かれており、初心者の方はまず入門クラスからの開始となります。集団指導への適応などに不安がある方は、まず「体験コース」や「個別指導」のご利用をオススメしております。

Q. うちの子は運動が出来るので基礎クラスから開始して欲しいのですが、ダメですか?/うちの子は教室利用が長いのでもう応用行けますよね?

A. お子さまがパルクールの適切な動作的イメージ(主にフロウを作ることがゴールという理解)を持っているかどうか、また学びたい!という明確な意思がある場合には、基礎クラスからの開始も可能です。逆に、どれだけ運動が出来たとしても、どれだけ教室利用期間が長かろうと、フロウの理解がなかったり、コーチの話を聞いていない、練習を継続できていない、つまり学ぶ気が見られないお子さまに関してはクラスの変更はありません

​Q. テキストなどの教本はないのですか?

 

A. パルクールの知識や動きというものは現状で無限と言えるほどのバリエーションが存在しており、そのすべてを何か媒体に書き出すことは非常に困難と言えます。また「こうすればこの子は成長する!」というものは一人一人異なります。私たちコーチはそういった理由から、あえてテキストなどの教本を用いず生徒一人ひとりに必要なタイミングで、伝わる言葉で、伝わる時期に伝達や共有を図っておりました。​

Q. カリキュラムなどの内容はどうなっていますか?

 

A. 弊社のパルクールクラスでは一律のカリキュラムや機械的なテクニックの指導はありません。目的別のクラスごとにその日集まった生徒たちが「どういう集団特性」か、またそれぞれが「何をしたいか」などを踏まえてクラスの内容は常に変化します。さらに言えば、生徒はクラスの実施中でもリアルタイムで変化するため、コーチはその変化に随時対応してクラス内容も変化させます。

Q.うちの子は消極的だからコーチから積極的に関わって欲しいのですが、、

A.パルクールを通じて学んで欲しいことは大きく分けて身体・精神力、能動性、自律心、思考力の4つです。「(情報でも物でも)自分から取りに行く習慣」を身につけるために教室に来ていると私たちは思って関わっております。また「自分の事は自分で始末する」のが基本です。自分のやりたいコトなのであれば、自分からコーチに関わっていきましょう。この考えは、自分の行動に責任の持てる人間になって欲しいと考えるからこそです。「今日は関われなかった。だから成長のタイミングを逃した。次は自分から声を掛けよう」と思って欲しいのです。お子さまのこれからを考え、お子さまが自分から動けるための支援を保護者さまにはお願い致します。

Q. コーチ毎にクラスの差はあるのですか?

A. あります。コーチは経験年数や保有する資格の他にも、それぞれの得意不得意、またパルクールにおけるスタイルの違いや考え方そのものの違いも存在します(コーチの紹介はこちらをクリックして移動特に入門/基礎クラスと応用クラスは全く目的が異なります。入門/基礎クラスがパルクールの概念理解(表面的)と動作的な習得を目的にしているのに対して、応用クラスは概念を理解した上でパルクールを体現することを目的にしています。みずからの目的や目標(ビジョン)を持ち、それに向かうためのプロセスを考えることを練習します。ですから、応用クラスは技術練習や動作練習自体を目的としていないのです。動作や技術という次元ではなく、さらに上の次元で人間的成長をしたい!と望み、またそれを実践出来うると判断された生徒が応用クラスで学ぶことが出来ます。

Q.子どもがパルクールをやりたいと言って通っていますが、保護者もパルクールを理解していないといけないのですか?

A.「パルクールを通じて自分も学びたい」、「子どもと一緒に自分も成長したい」とという意識を持つ保護者の方が私たちの理想です。子どもは保護者の支援があれば必ず伸びます。逆もまた然り。パルクールそのものの理解も大切ですが、何より子どもと自分の成長を念頭に置いていることは「最重要」です。

Q.先生たちが子どもを叱る場面があるのですが、まだ子どもだし、褒めて伸ばす方がいいのでは?

A.叱られるのにはまず理由があります。私たちコーチが叱る際には、必ずその理由を伝えるようにしています。そしてその後、どう行動するのか、どう改善するのかまでを一緒に考え、お子さまに決めてもらい、実行していきます。叱られるのはかわいそうな事ではありません。むしろ成長(変化)のチャンスです。また褒めることについてですが、私たちはむやみやたらに褒めることはしません。本当に出来が良い場合や善い行いの場合には全力で褒めます。何をすれば叱られ、何をすれば褒められるのか、子どもだからこそ、分かり易くかかわる必要があると私たちコーチは考えています。ちなみに、コーチが叱る理由No,1は「真剣にやろうとしない時」、No,2は「楽をしようとする時」です。立派な人になる必要は人それぞれなので、無理しなくていいですが、時と場合でちゃんとしていることは望みます。

Q.教室に通い始めて半年以上経つのですが、基本的な動きもあまり上達していないようにか感じます。どうすればいいですか?

A.基本動作や初歩的な部分で躓いている子の理由の多くが「圧倒的な練習量の不足」です。適切な練習方法で一つの動きについて10回やってダメなら100回、それでもダメなら1000回、1万回、10万回、100万回やってみましょう。そこまでやれば必ず出来ます。そのためには保護者の支援は必須です。声掛けやアドバイス、練習環境の用意、時間の確保など、保護者にしかできないことが満載です。教室の60分の中で難易度の有る動作を習得できかどうかは難しいものです。出来なかったものは教室以外の時間で次の教室までに出来るように練習してきましょう。そのために当店では練習用具の販売も、マンツーマン指導のサービスも用意しています。お子さまの「出来るようになりたい」という気持ちに、保護者が応える親子の姿がお子さまのさらなる成長に、必ず繋がります。「親子でやり抜くチカラ」です。これはまちがいありません。

Q.基本的な動きはもう出来るように思うのですが、どうして水準の高いクラスへ移行しないのですか?

A.多くの方がパルクールを「すごい動き」や「技を覚える」という誤解をしております。パルクールは、確かに運動をするものですが、一番は運動という側面を通じて思考能力を向上させ、感情制御や精神面の鍛錬をするものです。表面的な動作レベルが向上しても、思考や心理、精神面が未熟であれば水準の高いクラスへの移行は成されません。もしお子さまに関して、「うちの子、すごい動けるのにどうしてこのクラスなんだろう」という時には、思考能力や感情のコントロール、精神的な幼さなどが見られるなど、まだ未熟な点が多く見受けられるのかも知れません。また、コーチは教室の中だけではなく、挨拶や話を聞く姿勢、態度などの社会的な基本的対人コミュニケーションも見ています。どれだけ動けても、人間的に未熟な状態ではクラスの移行はありません。ご自宅でお子さまの言葉遣いや挨拶、教室での態度など、そういった運動以外の箇所についても、保護者と本人で話し合って改善していくことも必要だと私たちは考えています。