パルクールコーチの紹介

川村 直輝(かわむら なおき)

1996年生まれ、宮城県仙台市出身

経歴

  • 2015年:動画サイトをきっかけにパルクールを存在を知り、トレーニングを開始する。それまではブレイクダンスを主に活動の中心としていた

  • 2016年:後藤、石沢と出会い練習会を通じて出会い、共にトレーニングをするようになる

  • 2017年:%02(パーセントゼロツー)というブランドをパルクール仲間と作り、活動をする

  • ​2018年:石沢と一緒にパルクールパフォーマンスの仕事を始める

  • 2019年:JUMP&LEAPでスタッフとして働き始める

実績

  • パルクール全日本選手権2019 スピードラン 5位

  • パルクールアジア大会2019 スピードラン 17位

  • NINJA GAMES in 名古屋 スピードラン 5位

得意な指導

  • ブレイクダンスの要素を取り入れた動きやフロウを得意としています

  • スピードランのように、より早く移動するための考え方や動きの指導が出来ます

  • 平地で使える動きの指導もできます

 

苦手な事

  • 派手な動きは得意ですが、​丁寧かつ繊細な動きが苦手です

  • 指導においては強く叱るという部分が苦手です

 

指導の際に意識していること

  • ​身体を動かす楽しさを知ってほしいと思っています

  • ​1つの動きでも、いろいろな使い方や視点があるという事を知ってもらえるように工夫しています

​後藤 良(ごとう つかさ)

1989年生、宮城県仙台市出身

経歴

  • 2015年7月 独学でパルクールを始める

  • 2016年4月 SENDAI X TRAINのパルクールワークショップに参加、石沢と出逢い本格的にトレーニングを開始。パルクールの世界にのめり込む

  • 2017年7月 仕事の傍らボランティアとしてパルクール教室のコーチとして初めてクラスを受け持つ

  • 2018年 仕事の都合上クラスが終了するが、その際生徒達から貰ったお礼の手紙に感銘を受け、転職を決意。その後再度教室を受け持ち、数々のイベント出店やワークショップでの講師を経験

  • 2019年 JUMP & LEAP開店。店長として勤務を開始

  • 2020年 現在に至る

 

実績

  • パルクールアジア大会2018 スピードラン 20位

  • JUMP JAPAN 2018 スピードラン 10位

  • パルクールアジア大会2019 スピードラン 19位

  • パルクール全日本選手権2019 スピードラン 20位

 

得意な指導

  • 基礎固めが得意です。私自身社会人になってケガを理由に休んだり出来ない年齢になってからパルクールを始めたので、地道に安全に自己成長出来る事を目指してトレーニングを継続してきました。その経験を活かして、ケガをしない練習方法や確実に動作を身に着けるために必要なことを順序立てて丁寧に指導することが出来ます。

  • そこにある環境を生かした、その場所でしか出来ないフロウを考えるのが得意です。制限された場所での動きのアイディアも提案することが出来る自信があります。

 

苦手なこと

  • パフォーマンスに向くような見栄えのする派手な動きの指導は苦手です。

  • 競技は苦手ではありましたが、コーチとして実績を残すため、また苦手な事にも挑戦するという姿勢を示すためにも競技に出場してきました。しかし元々パルクールに対しての個人的な考え方として「人と競うものではない」と考えているので、競技に向けた指導が苦手です。

 

指導の際に意識していること

  • パルクールは「生活や人生において役に立つものである」と考えているので、動きだけではなく挨拶などのコミュニケーションや目標に対する行動や努力のしかたなども、利用者が学べるようにしていきたいと考えています。

  • 単発の動きそのものの難易度を上げていくというよりは、一つ一つの組み合わせ次第でフロウや楽しさなどの可能性を広げられるというビジョン:視点を持ってもらいたいと考えています。

石沢 憲哉(いしざわ かずや)

1987年生まれ、青森県五所川原市出身、2児の父

経歴

  • 2008年:パルクールを動画サイトで知り、当時仕事で住んでいた岩手県盛岡市の社会人チーム「侍族 サムライトライブ」に加入してトレーニングを開始

  • 2010年:当時パルクールをストリートアクロバットだと勘違いして段差からの宙返りで左膝前十字靭帯断裂、内側側副靭帯断裂、半月板裂傷等を受傷し手術。後2年間のリハビリを経て現役復帰(詳細はブログ参照:https://blog.goo.ne.jp/isizawakazuya

  • 2012年:パルクール教室(当時無料開催)を開始

  • 2014年:富谷市で教育保育施設でパルクールを取り入れた発達支援活動を開始(2020年現在も継続中)

  • 2016年:パルクール専門の会社「SENDAI X TRAIN LLC.」を設立

  • 2017年:日本初のパルクールパークを開所(2018年閉所)

  • ​2018年:一般社団法人日本パルクール協会副会長に任命される

  • 2019年:屋内パルクール練習施設「JUMP & LEAP」を開所

実績

  • パルクールアジア大会2018 スピードラン 10位

  • World Chase Tag 2018 世界大会 日本選手団 団体 6位

  • JUMP JAPAN 2018 実行委員 委員長

  • パルクール全日本選手権2019 スピードラン 10位

  • パルクールアジア大会2019 スピードラン 14位

  • World Chase Tag 2019 世界大会 日本選手団 団体 8位

得意な指導

  • 3~5歳等の低年齢向けの指導が出来ます

  • 動きに関する細かい技術指導や応用的なフロウ構成、またパルクール競技に向けたトレーニングなど「応用的な指導」が得意です

  • 作業療法士の経験を活かした専門的な指導が得意です

苦手なこと

  • 自分が熱意溢れるキャラクターの為、​受け身、消極的、曖昧、目標が不明確な方への指導/対応が苦手です

  • ​自分が思う基礎と一般的な方の基礎のレベルが違い過ぎて基礎的な指導が苦手になってきました


指導の際に意識していること

  • パルクールとは「全てにおいて強く在ろうと努力し続けること」なので、それを自分自身が体現し続けることを大事にしています

  • パルクール実践を志す以上トレーニングにおいて妥協や甘えは意味を成さないため、如何にしてそれを理解してもらうか、またそれを支援するかを考えています

  • ​低年齢の子のパルクールは「保護者が上達のカギ」となる為、子ども達を通じて保護者へのパルクール理解を促すことを意識しています

JUMP & LEAPをフォローしてください!

  • グレーのYouTubeアイコン
  • XTR パルクール
  • Instagram Icon
  • グレーTwitterのアイコン

​© 2019 JUMP & LEAP